お葬式で帰省する場合のお土産のありかた

 

お葬式で帰省した時、会社などのお土産を持ってける方が良いのか、迷う方が多いのが現状です。

 

お葬式の場合、忌引き休暇を使用して帰るので、旅行などの有給休暇とは違います。

 

しかし、会社の上司や同僚、もしくは取引先との仕事に何らかの影響を与えたとしたら、お土産を持って帰った方が良い場合もあります。

 

また、単純に帰省先のお土産が珍しく、喜ばれる可能性もあります。

 

 

お土産の渡し方

 

渡す相手としては、葬式があり、忌引き休暇を取得して帰省したことを知っている人から渡しましょう。

 

通常は、上司や同僚がこれにあたります。

 

取引先にも何らかの影響を与えたとしたら、渡しておいた方が無難です。

 

また、近所の方や友人、近くに住んでいる親戚なども知っていたとしたら、経過報告も含めて渡しておくと喜ばれます。

 

 

旅行で買ったお土産とは違うところがあるので、お土産の渡し方は慎重に行います。

 

仮に、上司から香典を受け取っていた場合には、一番最初に渡すことが望ましいです。

 

挨拶もしておき、葬式が無事に終わったことを伝えます。

 

そして、同僚や部下に渡す時は、特定の人物のみに渡すのではなく、全員に配った方が好まれます。

 

 

目立つところに置いておいて、葬式が無事に終わったことを伝えるメモ書きなどを残しておくことも、効果的です。

 

お土産にはキーホルダーなどではなく、お菓子などの食べ物を買うことが勧められます。

 

取引にわたす時にも、葬式が無事に終わったことを挨拶しておきます。

 

また、取引先に渡すものは、あまりに派手過ぎるのもではなく、落ち着いたパッケージの食べ物などの方が良いでしょう。

 

 


 

 

さいごに

 

お葬式で休暇をとり帰省するということは、誰にでもあり得ることですので、あまり気を使って、遠慮することはありません。

 

しかし、手ぶらで会社に帰り、何も報告しないと、コミュニケーション能力を疑われる可能性もあります。

 

帰省中にお土産を買っておき、それを社内の人に私ながら挨拶をすることで、相手も心配をかけずに済みます。