子供の入学金が払えない、

 

子供が大学試験に合格しましたが、私立大学なので入学金が高い!

 

入学金や学費が払えない場合は、どうすればいいのでしょうか?

 

お金を借りるには、どうする?

 

 

大学に必要なお金が払えない

 

大学の入学にかかる費用が用意できない場合、借りるか進学をあきらめてもらうかになります。

 

お金を借りることなく、入学金を預貯金で賄うことが出来れば一番良いのですが、、、。

 

 

お金を借りるには?

 

子供さんは、未成年なのでローンが組めないので、親御さんがローンを組むことになります。

 

国の教育ローンや金融機関の教育ローンがあるので、融資してもらるかまずは相談してみましょう。

 

 

奨学金は、入学してからの振込となるので、奨学金を入学金に充てるということはできません。

 

入学してからではないと、奨学金を利用できないので、入学金はなんとか用意しないといけません。

 

また、奨学金を利用した場合、子供さんが将来働いて返していくことになります。

 

 

お金を借りられない場合は?

 

国や金融機関の教育ローンで融資してもらうことが出来ない場合は、残念ながら子供さんに進学を諦めてもらうしかありません。

 

教育ローンを組んだ場合は、当たり前ですが、毎月ローンの返済をしていかないといけません。

 

最低でも4年間は、学費(授業料)の工面が必要となります。

 

今の生活で、教育ローンを返済することができるのか検討する必要があります。

 

 

借金をしてまで、大学に進学する価値があるのかということも考えてみて下さい。

 

売り手市場の就活も、ほとんどの学生は希望する会社へ入社できるとは限りません。

 

 

一年間、浪人して働きながらお金を貯めるという選択肢もありますし、新聞奨学生という制度もあります。

 

大学ではなく、資格を取得するため(就職に有利となる)専門学校への進学という選択肢も考えてみてはどうでしょうか?

 

 

カードローンは審査が速い!

 

いざという時に、カードローンは頼りになります。

 

国や金融機関の教育ローンの審査は、時間がかかりますが、カードローンは当日融資も可能で、遅くても翌日には審査の結果がわかります。

 

ただ、カードローンは金利が高いので、あまりお勧めできません。

 

借りられる金額も年収の3分の1まで法律で決まっているため、入学金をまかなうことは難しいと思います。

 

足りない分の足しには、することができるかもしれません。

 

 

まとめ

 

私立大学の入学金が払えない場合は、国や金融機関の教育ローンを利用するか、最悪の場合、進学を諦めてもらうことになります。

 

入学金の不足分を一時的に補うということであれば、カードローンの利用はアリかと思います。