出費がかさむ時期で、全くお金が足りない状況になりました。

出費がかさむと大変、大型連休は大迷惑?

 

帰省などでお金を使ってしまい、来月の資金繰りが難しくなります。お休みの日が多いと出費が多くなり、また出勤日数が減ると収入が少なくなる場合もあります。

 

大型連休は、経済が活性化されて良いと政治家や偉い方は言われますが、家計にとって本当は大迷惑です。。。

 

 

クリスマスやお正月、年末年始なども予定外の出費がかさみます。お金が足りないときには、狙っていたかのように出費の嵐となります。

 

葬式、法事、結婚式などは、生活費とは別に取り分けてても足りない。出費がかさむ時は、冠婚葬祭で何万も毎月とびます。

 

貯金どころではなくて、正直きついです、、、
仕方ないから少しだけ貯金を崩し、後からボーナスで崩した分は補うけど、、、

 

 

どのようにやりくりしようか、悩んでいます。

 

 

できれば貯金には、手を付けたくないですね。

 

一時しのぎにはなりますが、貯金を崩さずに乗り切る方法として、キャッシングローン会社からお金を借りるのも一つの手段となります。

 

ニッチモサッチも行かなくなったときに、選択する手段の一つです。

 

どうしてもお金が足りなくなった時に利用できる。頼りになる会社、特徴のある金融会社を紹介しますね。

 

モビット

あなたの未来へリンクするのCMで有名なカードローンです。来店不要で即日融資(*1)も可能。ネットで便利な振込キャッシングサービスがあります。

 

モビット

三井住友銀行グループのモビット
★限度額800万円,年利3.0-18.0%

(*1)・・・当日振込には、14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

 

 

カードローンは、利用しないに越したことはないです。

 

あくまでも出費がかさむ中、解決する一つの手段となります。

 

 

いろいろと出費がかさんで、お金が全然足りないです。

 

家族や友人には、お金を借りることは頼めないので、このような時には、お金の工面はどうしたらいいのでしょうか?

 

特に、3月、4月、5月と出費がかさみます。あとは、9月や年末あたり、、、

 

固定資産税を払い、自動車税も同じ時期です。しかも、車の車検が重なれば更に増えます。

 

他には、入学祝い、この時期に結婚式も多く、結婚祝いも加えたら、お財布はスッカラカンです。

 

このピンチを乗り切るにはどうしたらいい?

 

 

金融機関からの借入

 

お金が足りない場合は、借りるしかない。

 

家族や身近な人に頼れない場合は、金融機関からお金を借りる方法があります。

 

金融機関は、銀行と消費者金融会社になります。

 

本人に収入があれば、パートやアルバイトの方でも申し込みすることが出来ます。

 

今すぐお金が必要な場合

 

銀行の場合は、お借り入れの審査に時間が掛かります。

 

消費者金融の場合は、来店しなくてもインターネットで申し込みが出来て即日融資も可能です。

 

 

今後に備えて、節約貯金をする

 

今後このような状況にならない為にも、出費がかさむんでも大丈夫なように少しずつ貯金をしましょう。

 

貯金を増やす為には、無駄遣いをしないこと。収入を増やすことよりも、支出を減らす節約をすることが大事です。