違反切符の罰金、支払いを滞納したら?

 

出来れば支払いたくないけど、違反してしまったので仕方がありません。

 

交通違反キップを切られて、罰金の支払いを滞納した場合、どうなってしまうのでしょうか。

 

 

まず、違反キップにも2種類の違反キップがあります。

 

一つは、「青キップ」。もう一つは、「赤キップ」です。

 

 

違反切符の色によっては支払いしなくてもいいの?

 

まず、青キップの場合では、原則としては、支払う義務はありません。

 

しかし、支払いを怠ることで、刑事事件として立件されて、刑事罰を受けることになる危険性があります。

 

なぜ、このようなあいまいな状態になっているかというと、本来、青キップは、スピード違反やシートベルトをしていないなど、比較的軽い違反を扱うためのもので、そういう類のものを全て厳格に取り締まっているとキリがないということで、扱いがあいまいな状態になっているのです。

 

 

一方、赤キップは、酒気帯び運転など、重い違反を扱う者で、違反した運転者には、刑事罰が課されるものです。

 

この赤キップで、罰金の支払いがされないと当然、厳しい取り締まりが待っています。

 

それそれのキップの意味の合わせて罰金に込められた意味も変わってくるのです。

 

 

罰金を滞納したら逮捕されるの?

 

いずれにせよ、まずは、罰金の支払いの滞納をしようなどとは考えない事が先決です。

 

青キップであれ、赤キップであれ、反則金の支払いを怠り続けると、ともに行きつく先は刑事罰とうことになる危険性があるからです。

 

間違いなく、罰則金程度のお金で人生を狂わせる位なら、支払っておいた方が賢明です。

 

 

最終的な期限としては、まず、仮納付期限の7日に間に合うように、支払いを済ませなければなりません。

 

この期限に間に合わせることが、最善ですが、もし、これに間に合わずとも一応40日以内は、通告センターというところで、対応をして頂けることとなります。

 

しかし、この40日が最大限のリミットです。

 

 

さいごに

 

この40日を超えてしまうと、交通違反通告書という赤い紙が送られてきます。

 

この赤い紙が送られてくるとうことは、赤キップ相当となっていまい、刑事事件扱いとなり、刑事裁判を受けなければなりません。

 

このような最悪の状況になる前に、きちんと交通違反の罰金の支払いは納めるようにしましょう。